ゴンズの中国リアルライフ

年間30回以上中国に行って肌身で感じたことを綴ります。趣味はスケボー・釣り

【始めるなら今】スケートボードを趣味にするメリット5選!!

まいど、ゴンズです。

 

スケートボードに興味があるけど

なかなか一歩を踏み出せない。。。。

 

今日は、そんなあなたの、背中を押して見ます!!

スケボー、やってみたい!!今すぐ!!!!!

そんな気持ちになる記事にできたら と思います。

 

それではいって見ましょー!

 

スケートを趣味にするメリット5選!

 

1 めちゃくちゃおもろい

2 いい運動になる

3 他の趣味にもつながる

4 生活がシンプルになる

5 交友関係が広がる

 

 

1 めちゃくちゃおもろい

いや、なんかアホの子みたいな理由なんですが、、、

めっちゃおもろいんですよ。本当に。

これがいちばんの理由です。はい。こんなにおもろい遊び、他にないです。マジで。

 

伝えるの下手すぎますね。笑

 

具体的に面白いポイントはいっぱいあるんですが、大きく分けると

 

スケボー自体の面白さ

スケボーに付随してくるおもしろさ

の二つに大きく分かれます。

 

スケボー自体、とても難しくてなかなか上手くなりません。

だからこそ、成功した時の脳内麻薬はとんでもないです。

また、初めのうちが難しんですが、コツを掴み出すと急激に伸びます。

なので、昨日までできなかったことができるようになる経験がいっぱいできます。

 

付随してくる面白さについてですが、スケボーを始めることでいろんな世界が広がります。スケーターとして認められることで、新たな交友関係や、人生の気づきが増えて、非常に味わい深い経験をすることができるようになるのです。

 

 

 

2 いい運動になる

スケートボードは本当に、いい運動になります。

簡単そうに見えて、実は結構ハードな動きを要求されます。

僕はスケボーを始めてから、筋肉質な体型を維持し続けています。

周りも、スケートを長くしている人でぽっちゃりの人はほとんどいません。

楽しくて夢中になって、ついでに痩せられる。言うことなしですね。

 

スケート終わりのビール、たまりませんよ〜〜!

 

3 他の趣味にもつながる

スケートボードって、いろんなカルチャーとつながっています。

ざっと挙げるだけで

 

写真

→トリックを決めている写真。構図などに技術やオリジナリティが求められる。

 

動画撮影・編集

→挿入する音楽まで作る人も。独創的なビデオ映像を作り上げることを一つの目標としている人も多い

 

アート

→スケートができない日に絵を描くスケーターも多いです。アートとともに発展してきたカルチャーならではでしょう。

 

ものづくり、DIY

→Tシャツをハンドメイドで作成したり、セクションを手作りで日曜大工したりします。使い古したデッキを使用して小物を作る強者までいます。

 

などなど。

スケートを軸としていろんな方面に進出していく人が多いです。

逆にスケーターであるからこそ、他の趣味も輝いてくるのだと思います。

 

 

4 生活がシンプルになる

スケーターの生活のはシンプルです。軸がスケートだけなんです。

そのぶん、洗練されてゆきます。

 

例えば、服。不必要に着飾ることはしません。過度に流行を追うこともいりません。自分の来たい服、スケートをしやすい服を着ます。

車も。派手なものは不要です。スケートスポットを巡りやすいもので十分です。

なぜなら、常にプライオリティは、スケートボードなのです。

 

いい車に乗って、綺麗で高いブランドの服、靴、アクセサリーをつけてスケートボーダーを気取っても、スキルがないと一気にポーザー(ダサいやつ)です。

 

酒がこぼれたドロドロのTシャツで、歯が抜けていて、毛玉だらけのニット帽でも

トップスピードで階段に突っ込んで周囲を沸かす、そんなスケーターの方が何倍も輝いて見えるのです。

 

現代の病んだ物質主義から抜け出すことが可能になります。

(病んでるよマジで!!!!!)

 

 

 

5 交友関係が広がる

スケーター同士はすぐに友達になれます。

未だにマイナースポーツ、日陰者です。

スケボーを選んだ人間は、どこかひねくれていて波長が合うんです。

また互いにスケートボードを続けていることに対してリスペクトがあるので

意気投合しやすいです。

 

 

 

以上、まだまだ語りつくせませんが、、、

スケートボードを趣味にすればいいことがいっぱいです。

今後も魅力を伝えれるような記事をちょこちょこ書いていきたいと思います。

 

ちょっとでも気になっている方がいれば、勇気を出して、ぜひ初めて見てください!!

go skateboard!!

 

 

p.s.

今回の記事を書いていて、自分の熱意を伝える下手さに愕然としています。。。。これも修行